【東鳴子温泉】ホテルニューあらお

ホテルニューあらお
写真提供:じゃらんnet

450年の伝統、御殿の湯。四季折々のお料理と温泉が自慢の宿!

四季を通じて感動がある鳴子温泉郷。泉質はお肌にやさしいナトリウム泉をはじめとした源泉が3本。黒湯・炭酸泉・単純泉を愉しめます。地元の素材を活かした自慢の料理といやしの空間をゆっくりと満喫してください。

※提携終了等の場合、下記に旅行会社 がある場合、現在も提携していることもありますのでご確認ください。

【ホテルニューあらお】の詳細情報

◆ 四百年の時を越え、今も源泉が滾々と湧き出す源泉かけ流し『御殿の湯』をお楽しみ下さい。

宿 名ホテルニューあらお
宿種別旅館
温 泉 東鳴子温泉(鳴子温泉郷)
お風呂 源泉掛け流し・露天風呂・大浴場
プラン カップル
エリア 宮城県 / 鳴子・大崎 / 鳴子
住 所宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯40
宿確認 詳細・拡大地図はこちら
※プラン等最新情報は公式サイトからご確認ください。

『ホテルニューあらお』取扱い旅行会社のプランはこちらから

【JTB】旅館・ホテル
JTBプラン
楽天トラベル
楽天プラン
るるぶトラベル
るるぶプラン
Yahoo!トラベル
Yahoo!プラン

鳴子温泉郷(東鳴子温泉)について

鳴子温泉郷(東鳴子温泉)
鳴子温泉郷は、宮城県大崎市にある温泉郷で、日本国内にある11種の泉質のうち9種がここにあり、源泉数は370本以上あります。鳴子(なるこ)温泉、東鳴子温泉、川渡(かわたび)温泉、中山平(なかやまだいら)温泉、鬼首(おにこうべ)温泉の5つの温泉で構成されている温泉郷で、全てのエリアを網羅した湯巡りチケットも用意されています。鳴子・東鳴子・川渡・中山平の4温泉は、JR陸羽東線または国道47号沿いにある一方、鬼首温泉は他の4つとは離れ、鳴子ダム北側の鬼首カルデラに点在しているため、「鬼首温泉郷」と表記されることもあります。 鳴子温泉郷は、昔から東北の湯治場としても有名で温泉の効能や泉質の良さには定評が有り、春は新緑、秋は紅葉、冬はスキーも楽しめる温泉地です。
温泉名 鳴子温泉郷(東鳴子温泉)
泉 質ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉、低張性弱アルカリ性高温泉(旧泉質名:食塩泉、重曹泉、芒硝泉)
効 能神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、慢性消化器病、痔症、冷え性、疲労回復、健康増進、切り傷、やけど、慢性皮膚病、糖尿病など
特 徴東鳴子温泉は、江戸時代中期に開湯した歴史ある湯治場です。当時は鷲ノ巣、田中、赤湯、目の湯と呼ばれ、その湯の良さで世に知られてきました。東鳴子温泉は美肌効果の高い重曹泉を中心に多彩な泉質に恵まれ、湯治や長期療養滞在などを目的に伊達藩世紀には御殿湯も置かれた由緒ある保養温泉地です。古くから湯治場として開けたことから、素泊まりや自炊部、また混浴浴場を有する旅館が多いです。

近隣の宿もチェック!こちらも人気です。

  1. 【鳴子・川渡温泉】旅館ゆさ

  2. 【東鳴子温泉】旅館紅せん

  3. 【鳴子温泉】生蕎麦・旅館 登良家(とらや)

  4. 【東鳴子温泉】鳴子温泉郷 勘七湯

  5. 【鳴子温泉】旅館 東多賀の湯

  6. バリュー・ザ・ホテル古川 三本木