【湯の川温泉】KKRはこだて(国家公務員共済組合連合会湯の川保養所)

KKRはこだて(国家公務員共済組合連合会湯の川保養所)
写真提供:じゃらんnet

歴史ある庭園と名湯、厳選した旬の食材。道南の観光に最適な温泉宿

◇湯の川温泉花火大会◇ 豊富な湯量の源泉かけ流しの温泉、旬の味覚、四季折々に実った風情を見せる由緒ある日本庭園。市内の観光スポットへのアクセスも非常に良く、道南の観光・ビジネスに最適な温泉宿です。市電乗り場までは徒歩4分、コンビニまで3分。

※提携終了等の場合、下記に旅行会社 がある場合、現在も提携していることもありますのでご確認ください。

【KKRはこだて(国家公務員共済組合連合会湯の川保養所)】の詳細情報

◆ 豊富な湯量の温泉、旬の味覚、四季折々の風情を見せてくれる庭園で優雅なひとときを。

宿 名KKRはこだて(国家公務員共済組合連合会湯の川保養所)
宿種別旅館
温 泉 湯の川温泉
お風呂 源泉掛け流し・貸切風呂・大浴場
プラン 早期割引・部屋食・ビジネス
エリア 北海道函館・大沼・松前湯の川
住 所北海道函館市湯川町2丁目8-14
宿確認 詳細・拡大地図はこちら
※プラン等最新情報は公式サイトからご確認ください。

その他の『KKRはこだて(国家公務員共済組合連合会湯の川保養所)』取扱い旅行会社のプランはこちらから

【JTB】旅館・ホテル
JTBプラン
楽天トラベル
楽天プラン
ゆこゆこネット
ゆこゆこプラン
るるぶトラベル
るるぶプラン
Yahoo!トラベル
Yahoo!プラン

湯の川温泉について

湯の川温泉湯の川温泉は、北海道函館市にある温泉で、「名湯百選」に選定されています。函館空港から車で5分!日本一空港に近い温泉地で、函館山や津軽海峡が見渡せます。登別温泉、定山渓温泉とともに北海道の三大温泉郷のひとつに数えられる名湯で、湯の川の語源は、アイヌ語の「ユ(湯)+ペツ(川)」からきていると言われています。湯の川は、「湯の川八景」と呼ばれるほどの景勝地として親しまれ、北洋漁業の隆盛と共に歓楽街として賑わい、昭和20年頃まで「函館の奥座敷」と呼ばれていました。近隣には、トラピスチヌ修道院や根崎海水浴場、温泉に入るサルがいる熱帯植物園などがあり、五稜郭などにもアクセスが便利で、散策や行楽にふさわしい函館観光の拠点となっています。
温泉名 湯の川温泉
泉 質ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
効 能神経痛、筋肉痛、関節痛、リウマチ、冷え性、やけど、切り傷、慢性皮膚病、慢性婦人病、虚弱体質、疲労回復など
特 徴湯の川温泉の湧出量は日量7,000トン(毎分4,861リットル)以上の湯量を誇り、そのうち函館市が 所有・管理する源泉が9本、民間所有の源泉が13本の合計22本あります。源泉温度は平均して65度前後の高温の温泉です。

県内のおすすめ宿もチェック!こちらも人気です。

  1. 函館・湯の川温泉 花びしホテル

  2. 【洞爺】レイクハウス洞爺湖(LAKEHOUSE AT TOYAKO)

  3. 【定山渓温泉】ホテル山渓苑

  4. ホテルニューバジェット室蘭

  5. 【定山渓温泉】厨翠山

  6. 【洞爺】フェニックス洞爺クラブ