北温泉旅館

北温泉旅館
写真提供:じゃらんnet

江戸が生きている。自炊ができる。湯量豊富な昔ながらの湯治場。

◇芦野聖天花火大会◇りんどう湖花火大会◇ 奥那須で古くから湯治場として親しまれてきた湯量豊富な自噴泉。江戸へタイムスリップしたかのような素朴なたたずまい。安政時代のお部屋でのひととき。もちろん、和室、畳敷きです。北温泉にお越しの際は各お風呂と雰囲気を十分にご堪能ください。

※提携終了等の場合、下記に旅行会社 がある場合、現在も提携していることもありますのでご確認ください。

【北温泉旅館】の詳細情報

◆ 森に囲まれた渓流沿いのくつろげる温泉旅館。建物は江戸時代に建築され、その後改築されました。

宿 名北温泉旅館
宿種別旅館
温 泉 北温泉
お風呂 源泉掛け流し・貸切風呂・混浴風呂・大浴場
エリア 栃木県那須・塩原那須
住 所栃木県那須郡那須町湯本151
宿確認 詳細・拡大地図はこちら
※プラン等最新情報は公式サイトからご確認ください。

那須温泉郷(北温泉)について

那須温泉郷(北温泉)
那須温泉郷(なすおんせんきょう)は、那須町の北西部にそびえる茶臼岳の山腹に散在する温泉の総称です。名湯百選の温泉で、江戸時代後期「温泉番付」では、東の大関草津温泉に次ぐ東の「関脇」に位置付けられていました。日光国立公園内の那須岳南麓に位置し、同じ那須岳南麓には皇室が静養に訪れる那須御用邸があります。那須連山の主峰・茶臼岳は、栃木県唯一の活火山で、福島県南部を含む那須地方のランドマーク的存在で、いまなお白い噴煙を上げながら広大な山麓一帯に豊富な火山性温泉を自然湧出させています。
温泉名 那須温泉郷(北温泉)
泉 質単純温泉、塩化物泉、含鉄泉
効 能神経痛、リウマチ、痛風など
特 徴北温泉は、北湯とも呼ばれ、昔から湯量が豊富なことで知られています。温泉の由来や起源の詳細は不明ですが、源泉の岐路が多いことから「岐多温泉」と記された暖簾が残っています。明治時代の漢字が統合されていく過程で北温泉となったとされていますが、古くは喜多温泉という記述もあります。

県内のおすすめ宿もチェック!こちらも人気です。

  1. 【那須高原】アロマティック ガーデンヴィラ ラ・ポルトローナ

  2. 【那須高原】コテージウッドノート 湯本本館

  3. 【鬼怒川】素泊りホテル ロマン新館つつじ店

  4. 【鬼怒川温泉】愛犬と泊まれる温泉旅館 鬼怒川 絆

  5. 【鬼怒川温泉】ホテルきぬ

  6. 【那須温泉】那須湯菜の宿 芽瑠鼓